40代におすすめのブランドでは、エストネーションで扱っているユマ エストや、ストラスブルゴで扱っているセミオーダー・スーツです。着心地がよくて、スタイルもよく見えて、改まった席にも合い、女性らしさを失わない。そんなコンセプトでつくられているので、本当に秀逸なんです。勇名なブランド品ほどコピー品が出回っています。正規品以外か買わないことが賢明です。
シャツなら、イタリアのバグッタ、ブレビ ノアール、日本人デザイナーのオブジェスタンダールなども、いい仕立てと2万円のほどよいプライスで一押しのブランドです。また、バルバやフライなどのシャツブランドも値段だけのことはあって、どれも上質な仕立てです。


ジャケットはイタリアのキートンやブリオーニ、ラルフローレンなどは、10万円以上しますが、それだけの価値があります。素材がいいので、発色もよく襟の形からシルエットまで、こだわり抜いて仕上げているので、着た時にとてもきれいです。
ただこれらのブランド品はコピーが多いので十分に注意して、安価すぎるものは疑ったほうがいいです。


ファストファッションなどの安い服を3着買うことを考えれば、1着10万円のものを買い、
大切に着ることのほうが賢明な気がします。それは良い仕立てのものは、どれをとっても優秀だからです。良いもの(ブランド)は、着心地も違うし、シワにもなりにくいです。一日着た後も、ハンガーに吊るしておけば、素材がいいので次の日にはまたピンとして再生してくれます。
私は出張のときにアルマーニのブランドスーツをよく活用していました。